自分にとっての良い高校を探す

高校を卒業したらどうしたいか

高校入学に必要な物

入ってみたい高校が見つかった。では受験に向けて勉強を頑張ればいいから頑張ります!というわけにはいかないのが高校です。
小中学校とは違い義務教育ではありませんので、高校へ通うためには学費が必要になってきます。
ですが、中学を卒業したばかりでまだ働くことのできない人間に用意できる金額の学費ではありません。
中には奨学金を借りて入学される方もいるかと思いますが、ほとんどの方が親に学費を工面してもらって高校へ進学することになります。
そこで、入学するとどのくらいの入学金と学費がかかるのかを調べておく必要があります。
そこがクリアできるのであれば他に、自分の学力で入学が可能な高校なのか?その高校への進学実績はあるのか?自分の内申点は足りているか?受験以外の方法はないのか?(指定校推薦枠のある高校もあります)などを調べてみましょう。

まとめ

良い高校といっても、人によって変わってくる良い高校。
しっかり自分の将来を見据えて、自分の今の環境を照らし合わせ無理なく高校生活を送ることのできる高校を選ぶことが最も良い高校を選ぶコツといえます。
周りの人間のいう良い高校に背伸びして入学してしまい、途中でついていけなくなり退学してしまっては元も子もありません。
ご縁のある高校は必ずあります。また、高校だけが人生でもありません。
いろんな道があります。それをよく考えて、社会人としての第一歩をしっかり歩みだすことこそが良い高校選びのコツといえるのではないでしょうか?
初めての自立への第一歩ですから、しっかりリサーチし、自分に合った高校こそが良い高校です。
周りの意見も大切ですが、自分がどうしたいか?どうなりたいか?それをしっかり心に決めて高校を選んでみてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る